往復動圧縮機のコンサルティングを承る会社へお喜びの口コミが多数寄せられています

お問い合わせはこちら

往復動圧縮機の株式会社圧縮機機能研究所の口コミ情報

往復動圧縮機のトラブルシューティングを支援いたします

往復動圧縮機の株式会社圧縮機機能研究所の口コミ情報

往復動圧縮機のトラブルシューティングについての原因解明等でお悩みの企業様にご安心いただけますよう、迅速なご対応と問題解決をご提供させていただきますので、お気軽にお電話ください。


談笑する女性3人

プラント操業時の突発的なトラブルへも迅速に対応します

往復動圧縮機の操業には機械の特性上、それなりの知識や経験を必要としていて、その技術を持った作業員の減少が課題の企業様も多数ございます。圧縮機内部の高温・高圧という特殊な環境内での機械の運転は、内部の重要な部品の異様摩耗や損傷を著しく加速させてしまいます。例えば、ピストンリング・ライダーリングの損傷は、圧縮しているガスと部品との相性が合わないことによる異常な摺動熱が原因の場合があります。
ピストンロッドパッキン室の白い噴煙を伴ったガス漏れは、ロッドパッキンの異常摺動熱による摩耗が進行したために発生します。こういったトラブルの原因をいち早く解明した上で対処することが、プラント生産の早急な再開に必要となってまいります。企業様内でご不明なトラブル発生時へ迅速に対処していく所存でおります。お気軽にお電話でお問い合わせください。

5人の社員が並んで研修中の様子

圧縮機の設計と製造に40年近く携わってきた専門家が対応

往復動圧縮機を専門としたコンサルティング会社は、その道40年を超えるベテランの専門家が設立いたしました。圧縮機について熟知した技術者の不足に悩むプラント運営の企業様が多い中、その豊富な知識と経験を企業様へコンサルティングという形でご提供いたします。大学を卒業した後、半世紀近くもの間を定年まで重工業メーカー内で圧縮機の設計と製造に従事してまいりました。
一度トラブルが発生してしまうと、製造のメーカーに問い合わせた場合でも、過去のトラブル事例や解決策との照合に日数を必要としてしまうほど、原因の究明が困難な圧縮機です。その事態打開のためには、企業様内で機器を知り尽くした専門家の技術者の育成が必要となってまいります。40年以上もの間に培ってきた豊富な知識やトラブル解決事例を、企業様へご提供して安定したプラント操業のコンサルティングをさせていただきます。

タブレットを見ながらの会議

圧縮機操業の現状とトラブル発生の背景への対処法とは

往復動圧縮機は家庭用ガスの圧縮・運搬や、エチレンガスを圧縮して低コストなポリエチレンを生成し、ラップやプラスチックのバケツの素材を提供する等、消費者の生活にとても身近なインフラを支える重要な機械です。プラントを操業していくにあたって、当初の予定から変更になった生産プランやコストの削減等が発生し、圧縮機の許容運転範囲を見直す必要のある機会が時折発生いたします。
この場合は圧縮機製造メーカーへ問い合わせを行うものの、保管庫へのデータ照合の関係上、運転の可否をその場でお返事できないケースが多々ございます。企業様が、お時間が迫ってしまい、やむなく返答のないまま運転を再開し、圧縮機に多大な負担をかける結果になってしまうこともあります。コンサルティング会社には40年のキャリアの中で多くのトラブルの解決を経験し、その経験を惜しみなく企業様へ提供することで、こういったトラブルの解決へ尽力いたします。

ファイルを持って人差し指を立てている様子

往復動圧縮機専門コンサルティング会社は板橋区に本社があります

往復動圧縮機のトラブルシューティングに特化したコンサルティング会社は、東京都の板橋区に本社を構え、これまで多くの精製工場や化学プラントの企業様へコンサルティングを提供してまいりました。設計圧力近くまで上がってしまったガス圧力、200℃近い高温に達してしまったガス温度、ロッドパッキン室から白い噴煙が出ているガス漏れ、こういった圧縮機でお困りの企業様へ最適な原因究明と解決策を迅速にお届けいたします。
しばらく時間を置けば元に戻るケースもあるものの、高温・高圧環境下でピントンリングやバルブプレート等の重要な部品の異常摩耗や損傷が激しく、またすぐにトラブルが発生してしまうこともございます。これらの問題を根本から解決できますよう、専門家が迅速なご対応に尽力して参ります。


往復動圧縮機専門のコンサルティングで企業様をサポート

CONCEPT

往復動圧縮機の問題の早急な解決を支援します

往復動圧縮機の専門コンサルティングを石油精製工場や化学プラントのユーザー様へ向けて行っています。異常なガス圧力やガス温度、異常な振動等が発生した場合に、その原因を突き止めるにはお時間がかかってしまうことも多く、企業様の生産性に打撃が生じてしまいます。
コンサルティング会社を創業したのは往復動圧縮機の専門家として40年以上設計や製造に携わって来ました。その間に培ってきたトラブル解決の経験や知識を活かして、すぐの復旧をお望みの企業様方へ、原因究明と解決策の提示という形で支援いたします。

往復動圧縮機専門の支援会社は板橋区にございます

ACCESS

往復動圧縮機の設計と製造に40年以上関わってきた専門家が、プラントの往復動圧縮機のトラブルを抱えた企業様を丁寧にサポートしてまいります。軽微なトラブルの場合は、その場の電話のみで解決できることもございます。生産のお時間が迫っているような緊急時にも、お気軽にお電話にてご相談ください。専門家が丁寧にヒアリングして適切な解決方法をご提示いたします。

株式会社圧縮機機能研究所

株式会社圧縮機機能研究所

電話番号
03-6337-6891
FAX番号
03-6337-6891
所在地
〒174-0063
東京都板橋区前野町2-37-3 106
営業時間
9:00 〜 18:00
定休日
土,日,祝
メールアドレス
stakada@comfunc.com

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。