往復動圧縮機のトラブルや扱い方についてよく寄せられる質問に対して専門家が回答

お問い合わせはこちら

よくある質問

往復動圧縮機のトラブルについてご回答します

Q&A

往復動圧縮機を扱うにあたってのノウハウについてお答えします

往復動圧縮機専門のコンサルティング会社を運営していくにあたって、よく寄せられるご質問へ専門家がご回答いたします。内部が高温・高圧の状態が長時間の稼働中ずっと続いてしまうため、扱っていく上での技術やトラブルについてたくさんのお悩みをお持ちと思われます。
部品の摩耗や故障を最小限に抑える往復動圧縮機の扱い方から、軽微ですぐに解決できるトラブル事例まで、多様な質問へご回答して参ります。会社へコンサルティングのご依頼を検討中の企業様はぜひご覧ください。


よくある質問

FAQ

運転中シリンダーから”カンカン”という甲高い音がする。
音の繰り返しが回転数と同じであれば吸入/吐出弁からのガス漏れの可能性が有ります。
吸入側のシリンダー表面温度が吐出側と同じぐらいに高い。
吸入弁からのガス漏れが考えられます。
シリンダーの振動が以前より大きい。
ピストンリングあるいはライダーリングの異常摩耗あるいは割れによるピストン摺動の異変の可能性有ります。
循環式給油システムのオイルフィルターに多数の金属粉が見つかりました。
真っ先にクランクシャフト軸受の摩耗を疑って下さい。

往復動圧縮機を扱う企業様を支援するための専門コンサルティング会社を経営しています。トラブルが発生した際にお気軽にお問い合わせいただけるよう、無料での電話相談を受け付けていまして、軽微なトラブルでしたらお電話のみで解決できることもございます。こうしてたくさんのお問い合わせをいただく中で、よく聞かれることについてサイト上でお答えしています。
往復動圧縮機は多種多様な気体・ガスを圧縮しながら長時間稼働する必要もあり、部品の摩耗の進み具合や劣化が著しい機械です。このような部品の摩耗や劣化を最小限に抑えて長期間稼働し続けられるような扱い方について、専門家がお答えいたします。簡単なトラブルの原因と対処法についても同様にお答えしていますので、お気軽にご覧いただければ嬉しい限りでございます。ご入り用の際は無料電話相談をお待ちしています。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。