往復動圧縮機の豊富な知識と経験を持った専門家が操業ノウハウを執筆しています

お問い合わせはこちら

ブログ

往復動圧縮機の安定した操業の知識をブログでご提供

往復動圧縮機の軽微なトラブル解決法も執筆しています

往復動圧縮機のコンサルタントが、機械を長期間に亘って故障も少なく安全に操業するための技術について、ブログで発信しています。40年以上にも渡って重工業メーカーの一員として圧縮機の設計・製造に携わってきた専門家の立場としての、知識と経験を執筆いたします。
往復動圧縮機について熟知した作業員がプラント運営の企業様内に減少傾向にあるため、この技術の伝承が、企業様内での圧縮機トラブルの迅速な解決の一助になれば幸いです。

往復動圧縮機はモーター等の駆動機によってクランクシャフトを回転しそれに繋がるコンロッド、クロスヘッド、ピストンロッド、ピストンを10Hz近い…

プラント操業において生産計画の変更があった場合、特に生産量の増量により既存の圧縮機流量を変更したい時いくつかの方法が有ります。流量UPのファ…

往復動圧縮機はピストンの繰り返し摺動による容積型圧縮機なのでシリンダーの中で間欠的にガスは圧縮/膨張されガス圧力は脈動します。この脈動現象…

100%水素ガスあるいは水素ガスを含む混合ガス用コンプレッサーのシリンダーに組まれるテフロン樹脂製リング類は往々にして肥大して異常摩耗や発…

シリンダーバルブは取扱いガスをシリンダーと呼ばれる容器に導入しかつ排出する役目をしています。そのメカニズムは入り出する時のガスの圧力差と逆…

回転運動やストローク運動を伴う機械の大半は振動を発生します。運転中の機械振動には各メーカー様によって振幅の適正値が有り、容易に正常か異常か…

トラブルの中で各部品の相手部品とのすきまが原因というケースは結構多いのです。トラブル後の状態は表面はささくれだったり爛れていたりと例えばコ…

高圧ガスを扱う圧縮機の各部品にかかる荷重のチェックは重要です。水平対向型の往復動圧縮機は特にシリンダーの軸方向前に運転中長時間立たないよう…

トラブル三要素の一つである材質は機械本体の基本的骨格であり、採用するに当たり圧縮機の構造/強度/化学的性質等長年の経験を踏まえ充分吟味/検…

往復動圧縮機のトラブルの基本的原因要素として三つに区分されます。1.材質2.荷重3.スキマ運転条件にこれら三つの要素が適合しないとトラブル…

往復動圧縮機の安全な運転には、それなりの知識と経験・技術が必要になってまいります。しかしながら、圧縮機について豊富な知識と技術を持った作業員が企業様内にいらっしゃらないことも多々あり、トラブル発生時には製造メーカーに問い合わせが必須なケースも出てまいります。安全に操業する技術を一人でも多くの作業員の方々に知っていただけますよう、往復動圧縮機に携わること40年超の専門家がブログで知識をご提供してまいります。
機械内部は気体圧縮によって発生する高温・高圧という厳しい環境での運転が続き、部品の摩耗や損傷を受けやすい状態です。このような状況を理解して頂く為にも、皆様に記事をお読み頂ければ幸いに存じます。トラブル発生によるプラントの生産への影響を最小限にできますよう尽力してまいります。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。